スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てっぱん 第150回 最後の食卓は・・・

てっぱん 第150回 最後の食卓は・・・

玉子丼かと思っていましたが、初音が作っていたものは親子丼でした。

鶏肉をつかって親子丼を作りながら「最後か」とつぶやいています。

店には、伝さん根本、神田、浜野、岩崎が集まって、笹井の送別会を
しようとしています。

「なんか、いいにおいがしますね」

親子丼の匂いが漂ってきました。

下宿人たちの最後の食事なんです、と説明するあかり。

食堂では、中岡親子と笹井が、親子丼の蓋をあけて

「うわー、めっちゃおいしそう」「プルプルしています」

感激です。

めっちゃ美味しそうです。

「いただきまーす」

親子丼・・・・食べたくなりました。



障子が開いて、あかりや伝さんが覗いています。

「いっしょに食べたかった」「食べさしてーな」

「下宿人限定や」と断る初音。

あかりの分をみんなで小分けにして食べることにしました。

初めて食べたお祖母ちゃんの料理もどんぶりだった、玉子丼だったけど。

「親が加わったんですね」と笹井がいうと「そうじゃね」と答えます。

「ごちそうさまでした」、「よろしおあがり」

「10年分ごちそうさまでした」という笹井にも「よろしおあがり」と声をかけます。

店で食べている神田が、「残念やなあ、この味が食べられなくなるなんて」と
残念そうです。


中岡親子と笹井が下宿を出ていきます。表札をなでる民男。

笹井から絵がプレゼントされました。

明るいお好み焼きの絵です。

「元気でな」

民男が泣いています。泣きながらスーツケースを押しています。

下宿から遠ざかる笹井、中岡親子たちに手を振る初音とあかり。


「お好み焼きと下宿、つづけられんかなあ、うちの好きなここを取り上げないで」

「仕舞いやいうたら、仕舞いや」

「なんでわからんのよ」


誰もいなくなった部屋を掃除しながら初音は何をおもっているのでしょうか。


いつのまにか、分骨式の段取りが整っていたようです。


分骨袋(六角) シルビア小花 紫 (高さ15cm×巾9.3cm)◆分骨つぼを納める袋・骨壷・骨壺◆手元供養


トランペットケースを持って石段を登っていくあかりたち。

初音は隆円のお寺に行き、千春の骨を小さな骨壷に分けてもらいました。

「下宿を引き払うそうですね」

「ええ、ボケんうちに身の回りをきれいにしておこうと思って・・・」

「あの子に残してやれるものはあれぐらいなものだから」

「婆さんが小さくなったら、あかりまで小さくなってしまうわ」


あかりは機嫌が悪いです。

外で「ひまわり」を吹き始めました。

「ひまわりじゃ」「あれがひまわりか」鉄平は初めて聞く曲です。

次に「威風堂々」を吹き始めました。

音が荒れに荒れています。

隆円が「荒れているのう、音には音でかえしたれ」

初音に鐘をつかせました。

トランペットの音と鐘の音は、あかりと初音が口喧嘩をしているようです。


てっぱんのドラマをイメージしながら読むと楽しいですよ。

滝沢はどうなるのか、まるちゃんの名前はどうなるのか・・・

最終回はどうなるのか。


【送料無料】てっぱん(下)

【送料無料】てっぱん(下)
価格:1,365円(税込、送料別)




テーマ : 瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : NHK連ドラ てっぱん 最終回

てっぱん 第149回 お好み焼きに負けた滝沢

てっぱん 第149回 お好み焼きに負けた滝沢

あかりの部屋に入るふたり。

あかりは荷造りをはじめました。その様子を見る滝沢は

「答えを聞いていない」と言います。

あかりは、「これが答えや」

と答えます。

福岡に引越しすること。それが答えのようです。

ふたりで荷造りをしている様子を見た民男は
店にいるみんなに伝えに行きました。


店では、小夜子が浜野に、おのみっちゃんのこと、好きだったんでしょ。
これでいいのかと言います。

「終わった話や」

根本がびっくりしています。
浜野に「あんなに滝沢の背中を押していたやないですか」

「とっくにふられたようなもんだ」

民男が「お姉ちゃんが荷造りしてる」と言って顔をだしました。

浜野は二階にあがり、あかりを呼び出します。

滝沢は背中を向けたままです。

「おのみっちゃんにつたえたいことがあったんや」

「ずっと・・・ずっと前から思っていたんやけど、誕生日おめでとう!
やっとお酒飲めるな・・・」

浜野は本当の事を言えませんでした。

民男や加奈も廊下で聞き耳を立てています。

「押しが弱すぎる」「社長のいいところや」

あかりの顔は涙でぼろぼろです。

浜野は滝沢に「約束まもってくれてへんやないか、
見てみいやおのみっちゃんの顔」

「うち、笑ってへんですか」とあかり。

「わかっていたわ、お前がここから離れられないことぐらい」と滝沢。

「しゃあないな、お好み焼きに負けるんやったらしょうがない、お好み焼きやで」と


前を向けとあかりに語りかけます。

「大丈夫です。かならず、朝はきます」笹井が元気づけます。

「明日になったらちゃんと笑えよ」と滝沢。

笑顔を取り戻すあかり。

店で待っている神田や小夜子。

「俺は社長の何をみてたんや」と根本。

「それが体育系のまっすぐなところや」

小夜子が初音に言います。

「年寄りが良かれと思っていることが、おのみっちゃんを苦しめて
いるんやないですか」

「どういうこっちゃ」と初音。

そこへ二階からみんなが降りてきました。


「どやった」と根本

「痛み分けや」と中岡

「ふたりともふられた」と民男

「そしたら福岡に・・・」と小夜子

「あかりは、おばあちゃんを選んだのよ」と加奈。


店の掃除をするあかりと初音。


「何も聞かんの?滝沢さんのこと」とあかり。

「見たら分かるわ」と初音。

「うち、やっぱりここでお店続けたい」とあかり。

「なんでこの店にこだわるん」と初音。

「勝負はついていない!」とあかり。

「うちを大阪にひっぱりこんだのはおばあちゃんよ」とあかり。

「うちをお好み焼き屋にひっぱりこんだのはあんたよ」と初音。

「おやすみ!」と言って別れたふたり。


さんざんな誕生日。

翌日、下宿人の引越しの日です。


部屋を拭き掃除する初音にあかりが食ってかかります。

「なんで夕ごはんつくってくれんの」とあかり。

「さっきの朝ごはんでおしまいや」と初音。

「そやったらもういっぱいおかわりするんやった」とあかり。

初音の最後の料理に期待が高まります。

「大家さん、もう一回、食事を作ってください」

下宿人たちが頭を下げます。

初音は、なにやら丼ものをつくりはじめたようです。

「最後か・・・」

あの時の卵丼かなあ・・・・


玉子丼をたべるとほっとします。



テーマ : 瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : NHK連ドラ てっぱん

てっぱん 第148回 あかりの誕生日

てっぱん 第148回 あかりの誕生日

覚書を見せつけられたあかりは、書いた紙を取り上げて破ろうとします。
初音とあかりが覚書の奪い合いです。

死んでも破らせないという初音とあかりですが、下宿人たちはその様子を見て
笑っています。
こりゃ当分死なないなあと笑う中岡父。

さて、あかりの誕生日がやって来ました。

朝、あかりの目を覚ましたのは目覚まし時計ではなく、真知子からの電話でした。

「二十歳の誕生日おめでとう」

朝食をたべている錠や鉄平たちも、受話器に向かって叫びます。

さて、田中荘では、朝食の準備です。

田中荘の朝食を作る初音と中岡親子、そして笹井。

味噌汁やおかずを作っていますが、あかりも仲間に入りたいと言うと
初音は「ここは下宿を出て行く人のあつまりや」と言います。

プンプンしながらキャベツの千切りを切るあかりです。

笹井は、南の方へ旅に出ると言っています。田中荘は空っぽになってしまいますね。

あかりは、「空室あり」という紙を書いて下宿の外に貼ろうとします。
見つけた初音が剥がします。

「うちがひとりで店も下宿もやる!」
「何、意地になってんのや」


マンションのパンフレットを見る初音。
高齢者向けマンション。パンフレットには「中千里」と書いてありました。

伝さんが初音になにやら話をしに来ました。

この家を処分するという初音に、この先の人生を一緒に過ごさないかと
伝さんが初音にプロポーズをしました。

伝さんは木工、初音は料理教室。お互いに特技を活かして暮らして行こうと
言う口説き文句です。

初音は断るかなあと思っていたら、なんと、そやな、と答えました。

喜んで飛び上がる伝さん。

高齢者マンションってどうなっているんでしょうか。

>> 楽天ブックスで高齢者マンションについて調べてみる



開店の準備をしているあかりに伝えます。

それを聞いたあかりは、壁の向こうの初音に向かって

「店は手放さんからね」と大声を出します。

初音は障子を開けて「店子(たなこ)が何言うてんねん」と相手にしていません。

「借金も返してへんし」というあかりに「そんなもんわすれたわ」という初音。


そうしていると、加奈がやって来ました。

根本、浜野、神田、岩崎先生も一緒です。小夜子も一緒です。
誕生祝いにやって来ました。

誕生日おめでとう!



花束をもってお祝いを言おうとしますが、あかりと初音のバトルを見て
空気を感じてしまいました。

あれ、どうしたの

今日は誕生日だからね、そして大事な人が来る日だよねと浜野が言うと

「なんで知っているの?」あかりが不思議に思います。

加奈が頭をポリポリしながら「ごめん」と言います。バラしたようですね。


滝沢、そろそろ来るんやないかなあ・・・と根本が窓の外を見ています。

そのころ、滝沢は初音の部屋に来ていました。


土産を持って、初音に挨拶をする滝沢。

滝沢に初音がたずねます。

「ここに来るんは筋違いやないか、尾道が先やろ」

「まだ、あかりさんにつたえていないんです」

「うちの孫。ほんとうに幸せにする自信あるんか」

「自信はあります。幸せにします」

初音の表情が柔らかくなりました。

「そうか」

初音の許しは出たようですね。

滝沢は、みんなのいる店に姿を現しました。

裏口から入ってきた滝沢に向かって岩崎先生が「スナイパーみたいだね」と
訳の分からないことを言っています。

滝沢の出現に、おどろくあかり。

「ちょっと、あかりさんを借ります」

そう言ってあかりと一緒に店をでていくと、二階に上がって行きました。

どうも、あかりの部屋で話をするようです。

二階では笹井が荷造りをしていました。

「笹井さんでていくんですか」

「はい」

あかりの部屋に入っていく滝沢。

笹井がふたりをじっと見つめています。

きっと、どんな答えがでるのか心配なのかもしれません。








テーマ : 瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : NHK連ドラ てっぱん

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
DVD&CD
【送料無料】てっぱん 完全版 DVD-BOX 1
あかりの高校生活と、てっぱんの舞台、尾道の名所のシーンがたっぷり!
【送料無料】EMOTIONISM(CD+DVD)
毎朝「ひまわり」を聞いて元気を貰っていました。葉加瀬太郎さんの名曲がずらり!ドラマとマッチしていましたね。
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
SEO
  • SEO診断
くる天 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。