スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第51回 大阪お好み焼き、弟子入り修行

第51回 大阪お好み焼き、弟子入り修行

「弟子にして下さい」と土下座するあかりに
「本気か?」と初音

神棚に手を合わせる初音とあかり。

臨時休業して、初音が客の役を演じます。

なんとか、弟子入りはOKだったようですねえ・・・

大阪のお好み焼きは後回しにして、接客を指導する初音。

「3秒や!」



あかりは客の顔をみないで、鉄板ばかり見ていたようです。
「尾道焼きとか、大阪とかいう問題やない」

買いだしです。

キャベツの選び方、豚肉の買い方、参考になりますね。
調理方法、保存方法も。


お好み焼き「豚玉」

伝さんが厨房に顔を出して、弟子入りを知って大喜びのようです。

鉄平はどこに行ったんでしょうか・・・

修行は続きます。
生地のコネ方は空気を入れるように・・・
焼き方は体で覚えること。

滝沢と鉄平が偶然に会いました。
うまいお好み焼きがやけるようになるまで戻ってこないと訳のわからない
ことを言っています。

店でお客のあしらい方を一人芝居しているあかりを滝沢がのぞき込み
引っ張り込まれます。

客の顔を見て焼けと言われて、滝沢の顔を見ると「睨んでるようにしか見えん」
と突っ込まれます。

鉄平の話になりました。うまいお好み焼きがやけるようになったら戻ってくると
知り、あかりは不思議な顔をします。

滝沢に試食を出すと「けっこう上手い」と褒められます。



「ほんま?」「ほんまや」

ソースは味が決め手、器にソースをずらっと分けて味見をしています。


あかりが選んだソースの味を初音に確かめようとすると、
「あんたの選んだ味やろ」とあかりの舌を信じる初音。

ふと、千春のことを思い出します。
「なぜ鉄板を見たくないっていったんやろ」
「知ってどうする」
「自分を生んだ人の事知りたい・・・」
「そやな・・・・」

千春の過去が明かされるのか。





テーマ : 瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : NHK連ドラ お好み焼き 瀧本美織 富司純子

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
DVD&CD
【送料無料】てっぱん 完全版 DVD-BOX 1
あかりの高校生活と、てっぱんの舞台、尾道の名所のシーンがたっぷり!
【送料無料】EMOTIONISM(CD+DVD)
毎朝「ひまわり」を聞いて元気を貰っていました。葉加瀬太郎さんの名曲がずらり!ドラマとマッチしていましたね。
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
SEO
  • SEO診断
くる天 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。