スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47回 初音が家族に・・・

第47回 初音は家族

今日は本当にいい内容でした。涙が出てしまいました。

あかり、冬実、小夜子、神田を前にして初音が話を切り出しました。

「ほな、うちの考え言わせてもらう」・・・さすが緋牡丹お龍の迫力です。



「商売いうもんは、一度始めたらどんなことがあっても続けなあかんもんや、
正直、あんたが店をやるのは難儀や・・・」

あかりは言います。

「冬実さんの代わりにやるんと違います。大阪でも尾道の家族みたいに鉄板を囲んで仲間が増えた。私の作ったお好み焼きをみんなに食べてほしいんや。
やりたいことがやっと見つかったんや」

「話はわかった」

初音はそう言いながら風呂敷包みをほどいてテーブルの上に出しました。

200万円の札束です。

「これを私から借りなさい、借りたお金を冬実さんに渡しなさい。私へは店の家賃の他に、いくらでもいいから返しなさい。私が死ぬかもしれんけどな」

「うち、毎日頑張ってこのお金返す!」

冬実は「そんなお金受け取れません」と言います。

初音は「こんなおんぼろ下宿に住んで必死にためたトラの子やろ。これは軍資金や、手ぶらというわけにはいかんやろ」と迫力満点です。

あかりは、受け取った200万円を包み直して冬実に渡します。

「ありがとう、おのみっちゃん」冬実はボロボロなきながら初音に礼を言います。

「ほな、取引成立や」

神田に向かって、なんか面白い事言いなさいというと、神田は湯呑みを持って、



「ゆのみっちゃん」

と言って失笑をかいます。

さて、食堂で待っているみんなに報告です。

「お店やらせてもらいます」というあかり。

小夜子はすかさず「お酒を出さない、禁煙、9時まで」と言い渡します。

この条件で住人たちはOKです。
一番よろこんでいるのは伝さんかもしれませんね。

「店の名前やー」

店の名前は民男が画用紙にかいた「おのみっちゃん」で決定です。


錠が初音の部屋を訪ねます。

「お金は私に出させて下さい」と錠。

「それはけっこうです。うちが死んだらこの家のものはみんなあの子の
ものになる。す、すみません、こんな言い方しかできないんや。あの子は
私が預からせてもらっていることはよくわかっています、でも・・・」

「田中さん、あんたはうちの家族や」と錠

「ほなこの話はうちに甘えてもらえませんか・・・」と初音。

初音が「おばあちゃん」らしい面を見せました。泣かせるシーンです。

真知子が電話で話を聞きました。田中さんがうちの家族になったんよと
欽也に話します。

錠が鉄板の手入れの方法を鉄平に教え込んでいます。
「長い間使った鉄板はそうそう錆びない。お前もわしたちが長い間手をかけた子や、ちょっとぐらい寄り道しても大丈夫や。」
錠は鉄平に店の手伝いも許したようですね。


さて、明日が開店。冬実は開店を見届けて新潟に帰る予定です。

店の前にチラシが貼ってあります。9月26日開店です。

そこへ、笹井と民男が冬実とあかりに贈り物です。

なんと「のれん」です。



丸い絵、あかりの似顔絵、お好み焼きの文字・・・
笹井や民男が書いた手作りです。

大喜びのあかり。

冬実の部屋で最後の夜を過ごすあかりと冬実。
銀河鉄道999を歌います。

初音はテルテル坊主を作って「明日ぐらい晴れてくれてもええやろ」と
つぶやきます。


小夜子、神田は涙ボロボロです。






さて、おのみっちゃんは繁盛するのかなあ、心配だなあ。

こんなサイトがありました。

ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!わずか60日でお客さんを2倍にする、誰にでもカンタンにできる集客方法!

お客が来ないとはじまらないですからね。



テーマ : 瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
DVD&CD
【送料無料】てっぱん 完全版 DVD-BOX 1
あかりの高校生活と、てっぱんの舞台、尾道の名所のシーンがたっぷり!
【送料無料】EMOTIONISM(CD+DVD)
毎朝「ひまわり」を聞いて元気を貰っていました。葉加瀬太郎さんの名曲がずらり!ドラマとマッチしていましたね。
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
SEO
  • SEO診断
くる天 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。