スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てっぱん 115回 あかりの父親の秘密がついに・・・

てっぱん 115回 あかりの父親の秘密がついに・・・

笹井が遅い夕飯を食べています。
絵を描くのに熱中して夕飯が遅くなったようです。

「根を詰めたら身体に毒やで」と初音に言われちゃいます。

そこへ、民男と父さんが息せき切って食堂に入ってきました。

「見つかった!絵が見つかった!」

民男が笹井にコンパクトを差し出します。

「お父さんだ。お父さんの絵だ!」

絵が見つかって本当によかったです。




さて、翌日のこと、初音がのぞみに腹帯を巻いてあげています。
お参りに行って来いということらしいですね。
あかりも一緒に付いていくようにしました。

じつはこれは、家に橘公一を呼ぶための作戦だったとあとで知りました。



橘公一が田中荘にやって来ました。

初音の部屋にはいり、向かいって話しを始めました。
初音が千春の事を教えて欲しいと言います。橘は語り始めました。


「千春さんとは音楽サークルで出会いました。トランペットを教えていました。
凛とした女性で、私は彼女を尊敬していました」

橘の教え子だったようです。

「ある日、家を出てきたと言って私の前に現れました、絶望感につつまれた
あのような千春さんを見たのははじめてでした」


「家を出て行った日や・・・」と初音がつぶやきます。

橘は話しを続けます。

「ボストンには千春さんと一緒に行くつもりでした。
でも、千春さんの答えはノーでした。ボクと別れてくれと」

「あの子がそう言ったんですか・・・」と初音が驚きます。


「自分の道を探していたんだと思います・・・ボクはひとりでアメリカに行きました」
ボストン行きのチャンスを活かしたかったという橘。

初音はそれを知って

「せやったら、なんで今頃あらわれたんや!」

千春よりもトランペットをとった橘に向かって、憤りを感じた初音。

橘はつらそうに語り続けます。

「偶然です。あの店が千春だったとは知りませんでした」

「そやったら、孫のことも?」初音があかりの存在について尋ねます。

「知りませんでした」という橘。
千春が身ごもっていたことは知らなかったようです。

初音は週刊誌を取り出し、橘に尋ねました。

「アメリカに渡ったのは90年やそうやな。ちょうど孫の生まれた年や、
ウチが聞きたいことわかってますか」

橘はうつむいたままです。

「孫は、千春とあんさんの子ですんか、そうですんか」
身を乗り出して橘に尋ねる初音。感情がこもって声が裏返っています。

「申し訳ありませんでした」

深々と頭を下げる橘に、初音はたたみかけます。

「なんの詫びですねん、孫のことは詫びなあかんことなんですか?」

深々と頭を下げる橘・・・・


千春が身ごもっていた、それを知っていたらボストンに行っただろうか
もし、千春がついてきてくれていたら・・・
千春がトランペットにとりつかれたのはこの橘のせいや
この橘はあかりの父親・・・

初音と橘の間にはそれぞれの思いがあるように見えます。



お参りから帰ってきたのぞみとあかり。店の前でのぞみが立ち止まりました。

「蹴った・・・・」というのぞみ、そのお腹に耳をあてるあかりは「ほんまじゃー、動いたー」

大はしゃぎです。ご利益やーと走り始めました。

「ただいまー」と言って階段を駆け上がるあかり。

初音は、あかりの帰りがあまりに早いのでびっくりした様子です。
橘がいることを知られたらどうなるのかドキドキする場面でした。

階段をかけあがるあかりを差して、初音が言います。

「孫です」

「ボクにできるだけの事は」と言う橘。

あかりは自分の部屋からトランペットを持ち出すと初音の部屋に向かいました。
橘がいません・・・隠れたのでしょうか。

「おばあちゃんおる?」
「まるちゃんおなか蹴ったんよ、ご利益や」
「これからお祝いや」

言うだけ言って、あかりはトランペットを持って出ていきました。

橘は襖の奥の仏壇のある部屋にいました。

襖を隔てて、初音が橘に話しかけます。

「よろしいな、あの子に父親と名乗ることは遠慮してもらいまっせ」

初音ばあちゃん・・・そんな

「はい」と答えながら、仏壇の千春の写真を見て涙ぐむ橘。

父と子がこんな近くにいるというのに名乗れない・・・



町内会バンドの練習場でトランペットを吹くあかり。

「上を向いてあるこう」を吹いています。のぞみへのお祝いです。

窓の外には橘の姿が。

あかりの吹くトランペットの音色を聞いて空を見上げています。涙をこらえています。


尾道の村上家の電話が鳴りました。錠がとりましたが、真知子にかわりました。
初音からの電話です。初音は真知子に知らせたようです。

目をうるませる真知子。


さて、来週の予告・・・

あかりが涙を流しながらトランペットを吹くシーンがありました。
橘があかりのトランペットを吹く様子を見守るシーンもありました。

錠があかりの部屋にいるシーンもありました。

あかりと父親についてどんな展開が待っているのでしょうか。
名乗れないままなのでしょうか。



てっぱんも終盤を迎えましたね。

>>楽天市場でドラマ「てっぱん」のDVDボックスを見てみる

>>楽天市場でドラマ「てっぱん」のDVDボックスを見てみる


てっぱんは、終盤に人気が出てきたので、DVDボックスは売れきれや
品切れが続いているようです。

>>楽天市場で、てっぱんの関連商品を見てみる














テーマ : 瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
DVD&CD
【送料無料】てっぱん 完全版 DVD-BOX 1
あかりの高校生活と、てっぱんの舞台、尾道の名所のシーンがたっぷり!
【送料無料】EMOTIONISM(CD+DVD)
毎朝「ひまわり」を聞いて元気を貰っていました。葉加瀬太郎さんの名曲がずらり!ドラマとマッチしていましたね。
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
SEO
  • SEO診断
くる天 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。